読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨のち、

音楽と本が好きな女子大生のブログ。

じおらま。

従兄弟がものすごくカメラ好きだ。たぶん友達を越して、彼女とか相棒とか、そんな感じの関係をカメラと築き上げているのではないだろうか。早く結婚して私を結婚式に連れってって。

私はといえばカメラ歴1年のまだ知り合い程度。基本的なことしか分からない。分からないくせに、卒業アルバム委員をやり、所構わず写真を撮っている有様だ。

 

そんな従兄弟と年に一回、お正月に父方のおばあちゃんの家で会うことがある。毎年恒例、いとこ家族たちが集まって、新年の宴会()だ。

そのカメラ好き従兄弟は、毎年違ったカメラを持って、自慢もとい、まだカメラ(CANON EOSM2)と知り合い程度の私に簡単レクチャーをしてくれる。

そんな従兄弟の撮った写真。ジオラマ風加工がされてある写真があった。

ジオラマ風に加工されている。車がミニチュアみたいでとても可愛い。私のいおすちゃん(カメラ)にも備わっていないのかと、探してみたところ、ジオラマ風加工フィルター、あったのだ。

 

f:id:nanowonan:20170104223832j:image

 

私のいおすちゃんもできるじゃないか。

これは新年早々、新たなる発見だった。

影技術が云々よりは、ジオラマ風フィルターを使って写真を撮ることができたのが楽しかったので、きっといおすちゃんとの関係を縮めることができたのではないだろうか。

 

2017年。残りの学生生活は20日と1ヶ月と9日。たぶん。

ひいたおみくじは大吉で、絵馬に書いたお願い事は言わない方が成就するとかしないとか。Fear,and Loathing in Las Vegasのライブに行けますようにと書かれた絵馬の後ろに、相方さんと一緒に書いた絵馬をつるしておいた。

なにはともあれ、今年も無事に、楽しく過ごせますように。就職させてください。

バンドの何が好き

お題「好きなバンド」

 

GOOD ON THE REELが好きだ。

YouTubeで「あなたにオススメ」でふと出てきた『素晴らしき今日の始まり』を聞いたのがきっかけだったと思う。

 

だったら、GOOD ON THE REELの何が好きなのか。バンドの演奏のことは正直分からない。誰のギターが上手で、コード進行がどうで、四つ打ちかそうでないか。

基本的なことでさえ、あまりわかっていないど素人と同じだ。分かるのはせいぜい、曲の拍子くらい。

 

メロディが好きなのか、歌詞が好きなのか。

もちろんどちらも好き、とはなるが、じゃあ具体的には? と聞かれたら上手く答えられる自信はない。好きだけど。好きに理由なんかいらないとは思うけれど。

 

だったら私はGOTRの何が好きなんだ。

それはたぶん、音だと思う。

『2月のセプテンバー』のラストサビの前のドラム、あるいはONE SHOT Live Tracksの『夕張』→『いらない』の繋ぎのドラムがとても好きだ。

ベースの音が好き。右と左で分かれている、リードとリズムのギターが好き。

ちのちゃんが出す抑えきれない感情をのせた音が好き。

バンドを構成する音が、自分にとって耳心地の良いバンドを好きになるのだろうなと思った。

GOTRの音はとても暖かくて、生きていても良いんだ、と思わせてくれる。冗談じゃなくて、本当に。

 

どんなに雨が降っても雨天決行だし、いつだってハッピーエンドを待っている。上手くは言えないけれど、大丈夫、いいんだよって言ってくれる。

言えない言葉があって、消えない傷があって、守れない命があっても、それでも生きていくから、素晴らしき今日が始まる。

 

そんな素敵な言葉が、大好きな音に乗って聞こえてくるGOOD ON THE REELがとても好きなんだと思う。

 

 

誰に見られるわけでもなく。

友達が某バンドマンへの熱い思いを綴るために、はてなブログを開設した。だけど、なぜか登録がうまくいかず、代わりに自分のiPhoneでやってみたらアカウントを取得してしまったので、徒然なるままにブログというものを書いてみる。ちなみに友達はなんとか開設できた。

ブログを書くには何年ぶりだろう。Twitterを始める前にやっていた記憶がある。何をどう書けばいいのかあまり分からないけど、たぶんあの頃とあまり変わらないはずだ。誰が見てるわけでもないので、好きなように書いてみようと思う。

 

あの人から、友達がやっているというバンドを教えてもらった。前々からぜひ聞いてみて、と言われていて、やっとCDを借りることができた。あんまりまだ深くは聞いていないけれど、これから聞くつもり。ちらっと聞いてみた印象では、おしゃれだな、とか、雨の日の家の中で聞く感じの曲だなっていう感じだ。まだ全国流通盤は出ていないけれど、そろそろ出そうな気がする。なんとなくだけど。たくさんいるバンドマンの中に埋もれずに頭角を現して欲しいなと思う。ちなみにドラムの方らしい。

 

今日、いろいろ調べていたら、The Beatlesのカバー曲がiTunesにあることを知り、その場でDLをキメてきた。普段は日本語を大切にして歌うようなタイプもヴォーカルさんなので、英語歌詞を歌うのがとても新鮮に思い、なぜかドキドキしてしまった。隠しきれない、歌い方の癖が節々に感じられ、やっぱりカバー曲といえど、その人のものになるのだな、と思った。雨がよく似合う、5人組のあのバンドです。

そもそもなぜ調べていたかというとアー写が見たくて検索をかけていたわけだが、それはまた次書く機会があれば書いてみようと思う。